Dog ears

更新時刻 不定期

無題

anond.hatelabo.jp

最近の若い子は豆腐メンタルか

あー、いるいる。体育会系出身だから気楽に怒ってもいいと思ってる人。私も入社当初そんな感じで扱われたから録音して黙らせた。増田がイキれるのはまだ痛い目にあった事がないからだろう。

2020/04/10 01:38
b.hatena.ne.jp

 団体競技ではないにしろ私も体育会系出身なんで分かるのだが、「体育会系出身だからストレスに強い/怒鳴られ慣れている/目上の人間を重視する」とナチュラルに考えている馬鹿な人は多い。そもそも何故スポーツの指導で大声を出すのかと言えば、音が伝わり難い場所な上に私達の息が上がっているからだ。走り込んで息を切らしている時に淡々と小声で語られても頭に入って来ないし、場所も屋外なので音が拡散し易く雑音も多い。必然、指導者は大きい声で身振り手振りを交えて指導する事になる。しかしだからと言ってミーティングなどの穏やかな場で同じ調子で話す人はいない。トレーニング以外でもコミュニケーションは取るのでその人がどういう人かも理解している。だから私達はその指導を「怒鳴られている」とは感じないし、指示に賛同する限りはストレスにもならない。もちろんキレて当たり散らす指導者も中にはいるが、こちらもお遊びでやっているわけじゃないし、そういうモチベーションを下げるだけの指導には抵抗するし上にも報告する。スポーツにおいて指導者は必要だが絶対的な君主ではない。あくまで「パートナー的存在」なのだ。指導方針を決めるにあたっては自分の要望もきちんと伝えるし、納得できない場合にはその場で反論もする。何でもハイハイと言う事を聞くだけで上手くなれるほどスポーツは甘くはないし、そうした選手を納得させられる説得力を持たない指導者に人はついて来ない。一定以上の水準にあるスポーツ関係者というのはそういうシビアな関係の中で己を高めているのだが、そういう世界を知らない人は平気で中学生の部活レベルの閉鎖的な世界を指してこちらを測ってくるから馬鹿馬鹿しい。