Dog ears

更新時刻 不定期

無題

www.tyoshiki.com

日赤が第一弾について、フェミの人たちが言うような批判に対して、日赤はそうは考えていない、と言う判断を出したときに。ガイドラインなんかより明確に直接にそういう意見を出したときにあなたは耳を傾けましたか?あなたはその時点で「日赤がそういう判断をくだしたのだから従おう」とか「そうか、自分たちは言いすぎだったな」と矛を収めましたか?


 私は日赤とフェミの問題であると言っているだけで一方が他方に従えとは言ってませんよ。納得出来ないなら争えばいいし、納得したなら矛を収めればいい。重要なのはその結論であって「意思決定の過程に矛盾があるからお前らは前回と同じ様に争うべきだ」と外野が意見するのはしょうもないなあと言っているだけです。

それから私は日赤がガイドラインを発表したことも記事で取り上げてますね。そこ見てみぬふりしてなどいませんね。

どうせそのあたり読まずに書いてると思いますが。ほんとため息が出るわ。


 悪いけど読んでないですね。一つ前の記事は読んでいたと思うけど記憶にはありません。 

あなたは「日赤が批判を受けてガイドラインを作成した=批判していた側が正しい」とまでは主張していません。しかしその時点でフェミニズム側はこれ以上の説明は不要であると言ってますね。
なぜですか?

「フェミと赤十字の問題」である今回の話において私達外野をフェミが納得させる必要がないのも事実で
無題 - Dog ears


 私個人としてはフェミの主張は概ね不快感に基づく感情論だと認識していますし、それに賛同しているわけじゃありませんが、別に「不快感に基づく感情論で一つの広告の表現がどうこうなっていけない」とも思ってないですからね。もちろんこれが裁判の判例とか自治体の条例とかになれば話は別ですが。

これは直接的なたとえではないので後できちんと今回の件に戻しますが例えばコンビニで暴走老人が店先でイチャモンつけたとしますよね。

これに対して店長がオペレーションの邪魔になるからとりあえず老人の言うとおりに対応したら、老人のイチャモンは正しかったことになりますか?なりませんよね。他に優先すべき点があったということしか言えませんよね。老人の主張の正しさを証明するものではない。

むしろそういうことになるのなら、店長はいかなるクレームについても妥協しなくなる。


 大抵の店長さんは老人の正しさなんて度外視して手間を減らす事に重きを置き同じ対応を続けますよ。面子なんて二の次ですから。もちろん、それを見ていた店員や他のお客さんは「そんな事ないよ!」と訂正してくれるでしょうし、それで十分なんじゃないですかね。それとも、店先で延々とこの両者が言い争う事を店長さんが望みますか?

さて、日赤はガイドラインを作成しました。でも第一弾がNGだったとは一言も言ってません。むしろ第一弾はNGではなかったと明言しています。
あなたはその点を無視されていませんか?


 それは寧ろフェミの方がこれから向き合う事なんじゃないですかね。ガイドラインが「NGではなかった」とするのにフェミが拳を引っ込めたなら「何読んでるんだお前ら」と失笑するだけですが、かと言って自分からそれを掘り返してガイドラインに攻撃するよう仕向けるのも馬鹿ですし、まあ「上手く収まってよかったですね」と納得するだけですよ。