Dog ears

更新時刻 不定期

無題

 性犯罪者の父親に溺愛された息子。親への憎しみなんて時間と共にすり切れた。父は私が成人する前に苦しみながら無様に死んだ。病院のベッドの上で心臓が止まったのを見た時は本当に何も感じなかった。あー、死んだな。次の瞬間には手元の漫画雑誌に視線を戻していた。憎しみが失せようがあれが死のうが記憶と痛みは消えなかった。子供と女性が視界に入る度にフラッシュバックする。薬に頼って生きてきた。薬を飲んでも性欲は消えない。自分の男根を見る度に死にたくなる。被害者ではない私には自殺する権利もない。持病を利用した自傷行為をしている時だけは心が安らぐ。今日はクリスマスだ。全ての恋人が幸せになりますように。泣く人がいませんように。傷つく人がいませんように。どうか神様。この苦しみと等価の幸せが誰かにあると信じさせてください。お願いします。