Dog ears

更新時刻 不定期

無題

anond.hatelabo.jp

.hackみたいな作品って今はもう作れないんだろうな

ネト充のススメとか見ても思うけど、あの頃のネトゲの雰囲気がないんだよな。そこはかとなくアングラで、駄目な人間がただ時間だけを浪費する閉塞感が全くない。寧ろその環境を肯定してさえいる。

2017/10/20 19:37
b.hatena.ne.jp

 .hackを思い出す度にあの頃のネットゲームのアングラで退廃的な空気が思い出されて懐かしくなる。学業を放棄してモニターの前に一日中座っていたあの頃。あの時期がなければきっと私は体を壊し精神を病み学校生活からドロップアウトする事はなかっただろうし、客観的に見れば私にとってネトゲは毒でしかなかったけれど、でも今思い返してみると、あの頃の、あのどうしようもない生活というのも、それはそれで感慨深く感じられてしまうから不思議だ。来る日も来る日も経験値稼ぎ。現実ではまともな会話が出来なくてもチャットでは不思議と饒舌で、野良のパーティを募集する事も全く苦しくなかった。ゲーム内では私と同じような生活をしている人がそこそこいて、そんな生活は駄目だと思いつつもチャットで「w」を連打していれば安心していられた。気が付くと姿を見せなくなる人も多かったけど、それと同じくらい新しく入ってくる人もいて、自分の中の最低限のバランス感覚が保たれていたのだと思う。そして.hackという作品は、そんな私の様な人間の延長線上にあるのだという気にさせてくれた。こんなどうしようもない人間も、いつか思いもよらない大事件に巻き込まれる可能性があるんじゃないかという淡い期待を抱かせてくれた。今のネトゲをやっている人間からすればそれは馬鹿馬鹿しいほど儚い希望だろう。でも、私にとってはそれが現実だった。今ではあの頃に戻りたいとは思わない。二度と御免だ。狩りを中断させない為にペットボトルで用を足しポテトチップスをドカ食いする生活なんてマトモじゃない。でも時折後ろを振り返って、閉じている扉を開くと、真っ暗な部屋でモニターの前に座るあの頃の自分の姿が見える様な気がする。