Dog ears

更新時刻 不定期

無題

 ブロガー界隈を眺めているとブックマークコメントの指向性を限定したいと言うか、まあぶっちゃけ非難とかやめて俺を肯定してくれみたいな事を言っている場合があるんだが、そんなの土台無理だからね。何故って、そもそもブロガー本人が、自分の好きな事を書いてるんだから。そんな野放図な言論に対して高潔な態度で接してくれる読者なんていないし、読者にだって好きな事を書く権利がある。よく「批判はいいが誹謗中傷は駄目」という意見を見るが、だからと言って「反感を持ったり非難してはいけない」という話にはならない。ポジティヴもネガティヴも人間として当たり前の感情であり、そういった反感を想定せず文章を紡いでいるのだとしたら認識が甘いと言わざるを得ない。そしてこれはここ数日ブコメなどで何度か書いた話だが、ブログというものはそもそも「ネットの中心」ではない。自分の様なウォッチャーは日々情報の洪水の中で暮らしているわけで、そういう人間にとってブログというのはひどく不完全で辺境にあるメディアの一つに過ぎず、ブロガーが期待している様な丁寧なコミュニケーションに注ぐリソースなどありはしない。人はネット上で批判されるとまるで物凄い剣幕で怒鳴られているかの様に感じるが、実際は一言吐き捨てて去っていくだけ、という事が殆どであり、そしてまた、多くの人はそういった批判をする以上に別の記事に対して好意的なコメントを書いているわけで、ブロガーがたまに敵視している「いつも批判ばかりしている人間」などほぼ存在しない。大抵はブロガーの一人相撲に過ぎず、そういう様を見せつけられた読者は正直引いてしまうのである。重要なのはいつだって「何故批判されたのかを理解する事」であって、「その場をコントロールする事」ではないし、また読者に対して「絶対的に公正な判断」を迫る事も無意味だ。目立ちたい、よく見られたい、肯定されたい、その種の自意識は読者に簡単に見透かされる。ブロガーは簡単に価値観をひけらかすが、それは率直に言って「私はあなた達とは違う」という表明に他ならない。