Dog ears

更新時刻 不定期

無題

社会保障が充実すれば出生率が上がると考える政治家って楽観的すぎない?? - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ
糖尿病患者に糖質制限をろくにせずに薬だけ増やす医師が全然信用できない話 - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ
 自分から見て間違っている点が一つ見つかるともうその人は信用出来ない。立場が上の人間であるならなおさら。だからこそ自分は正しい。人間の側面の一つだね。この人を観測しているとそれがよく分かるし、自分が例外でない事もまあ常々実感する。物事に「絶対的に正しい解決方法」なんて存在しない。それは多くの人が正しい知識を持っていないという事実と言うよりも、正しい知識のもとに行われた物事でも結果が必ずしも最善であるとは限らないという意味でもある。物事は常にケースバイケースで方程式は一定じゃない。短期的な解答が長期的な解答とは限らず、長期的な解答が短期的な解答でもなく、また選んだ解答がその何れかであるという保証はどこにもない。だから間違わない人間はいないし、間違わない組織も存在しない。現実というものは一つ一つ間違えてその都度学びそれでも間違えて生きていくしかない。さて、それじゃあ信用に値する人間とは果たして誰なのだろう。それは結局損得勘定でしかない。自分から見て利するか、否か。そしてもちろんこの点でも人の物差しは必ずしも正しくない。だから色んな問題が起きる。敵か味方か。そういう話を長く続ける人間ほどその境は曖昧になっていく。逆に言えば、そこを疑わない人間ほどその境は明確であると言える気もする。これはあくまでも私の私見でしかない。なのでまあ、少しでも汲み取ってもらえると嬉しい。