Dog ears

更新時間 09:30、10:30、11:30、13:30、14:30、15:30、18:30、19:30

無題

「差別からの自由」は「差別する自由」に優先する。よって「差別する自由」などというものはない - しいたげられたしいたけ
はてなブックマーク - 「差別からの自由」は「差別する自由」に優先する。よって「差別する自由」などというものはない - しいたげられたしいたけ
はてなブックマーク - はてなブックマーク - 「差別からの自由」は「差別する自由」に優先する。よって「差別する自由」などというものはない - しいたげられたしいたけ
差別っていうと人種差別が引き合いに出されるけどみんな普通に社会の中で差別してるじゃん - 難破

 内心の差別と言論の差別を同一視している人が一定数いるな、という事が今回の話で分かった。特に最後の記事では「内心の差別が許されるのに言論の差別が許されないのは何故?」と開き直っている。この記事に限らずこの種の話ではよく「容姿のいい方と悪い方のどちらを選ぶか」という例が挙げられ、それをもって「差別は当たり前」という帰結に持っていこうとするが、そもそも「容姿のいい方を選んで当たり前」という前提は思い込みでしかない。人の好みはそれぞれだし、交流や評判の差でもどちらを選ぶかは変わる。「ブスを選ぶなんてありえない」と思っているならそれは問題だし、それを口に出して周囲にそういう風潮を振りまくなら明確な差別であり、今話題になっているのはそういう口に出して攻撃する輩なのである。問題はより精密に理解しなければならない。多くの場合、差別の必要性を説く人間の主張の根幹を真摯に発信するには、差別がなくても可能なのだ。一々容姿や人種や宗教などその人間の属性を攻撃材料にせずとも、問題点を批判する事は容易い。彼らは社会的な影響をより大きくしたり相手の心をより強く揺さぶったりその属性全体を攻撃しその敵愾心を煽ったり周囲に同調を迫ったりなど様々な効果を狙って差別するのであり、それは最初の例え話の様な「人間として当たり前の行動」からは逸脱している。広義の差別を否定する事は困難だが、一部の人が言うほどにはその線引きは難しくないし、難しい案件はある程度露見され再考する機会がある筈なので、「差別は当たり前」と思考停止する必要はない。

無題 - Dog ears

xevra先生のブコメと同様、典型的な残念な思考。「思想」と「表現」は基本的にニコイチ。「思うのはOKだが、発言はNG」なんてのは唾棄すべき暴論。

2017/09/13 00:11
b.hatena.ne.jp
 この人いつもこういう事言ってるな。その理屈でいくとじゃあ思想自体に規制かけて内心の自由まで奪わないといかんという話になるのだが。それとも差別は全てOKというスタンスなのかね。何れにしてもそれこそ暴論だと思うが。

「差別からの自由」は「差別する自由」に優先する。よって「差別する自由」などというものはない - しいたげられたしいたけ

『「差別」というワードは、「対象」に「悪」の属性を付与する(ための)魔法の呪文に過ぎない』という事すら理解できてない時点で駄論。

2017/09/12 23:54
b.hatena.ne.jp
 完全に思考停止してますね。仮に差別というワードがそれだけのものに過ぎないとしても、その根源となる問題は依然としてそこにあり、それを無視してよいという話にはならない。このコメントは何の解決にもなっていない。

(「ヘイトスピーチは言論の自由」と言う人もいて、「自由」という言葉がゲシュタルト崩壊している今日この頃。 - ohnosakiko のコメント / はてなブックマーク

表現の自由」において最も重要なのは『価値観の自由競争(市場)』。そういう意味での「自由」。/「公権力からの自由」はそのための手段(当然、公権力以外からも「自由」であるべき)。/「表現の自由度」は結果。

2017/09/09 05:48
b.hatena.ne.jp
 自由闘争の結果、「差別は悪である」という価値基準が存在しているわけだが。言論の自由には当然批判する自由も含まれているのであり、「自分の発言は自由だがそれを批判するお前らの自由は認めない」というスタンスは自由ではない。

はてなブックマーク - 「差別からの自由」は「差別する自由」に優先する。よって「差別する自由」などというものはない - しいたげられたしいたけ

お前達の「言論・表現の自由」はレイシズムだと叩く側が、叩かれる側に差別的発言をしてもこれは差別じゃない、批判だ!指導だ!といって自分の差別心を認めない。これは“彼らが絶対向き合わない部分”

2017/09/13 05:14
b.hatena.ne.jp
 これも既に結論は出ている。それが差別発言であるなら容認はされない。上で述べたように、そんな発言をせずとも問題点の追求は出来る。また、「言論の差別」と「表現物の差別」というのも違っているからややこしい。特に後者は繊細な問題だ。一概に差別と括れる話でもないという事は理解している。あるいは、上に載せたid:rag_enさんはそれを「言論の差別」と同一視しているのでは、とも思う。

はてなブックマーク - はてなブックマーク - 無題 - Dog ears

にしても、『「思想の自由」と「表現の自由」はニコイチだよ』と指摘したら、『ならば「思想の自由」も規制せねば!』となるとは。ソジャ界隈、もうこういう段階まで来ちゃってるんやなぁ…というサンプル。

2017/09/13 06:35
b.hatena.ne.jp
 そんな事は言ってません。先の言及はあなたの矛盾を指摘するためにあなたの理屈に合わせただけの話です。私自身は内心の自由は守られるべきでありそこを侵害する意図は全くありません。そこは勘違いしないでいただきたい。

はてなブックマーク - 無題 - Dog ears

追記分、『我々は絶対正義である。我々が「差別」と唱え、「悪」の属性を付与した「対象」は絶対悪である。全人類は我々の正義に「コミット」しなければならない。』的な、いかにもなソジャ思考やらかしててヤバい。

2017/09/13 06:31
b.hatena.ne.jp
 既に指摘した通り、「言論の差別」そのものは悪です。それは大本の発言者のみならず差別を指摘する側にとってもそうです。なので差別に対して差別を返す様な論調を肯定する気はありませんし、そういう人間を正義と言う気もありません。と言うか、私自身も別に正義ではありません。私はただ単に、「多くの主張は差別をせずとも展開可能である」と言っているだけです。ある種の影響力を求めるあまり差別を辞さないと言っている人間に反論しているに過ぎません。なお、私はあくまでも「内心の差別」と「言論の差別」、そして「表現物の差別」は区別して話しています。なのでそれを区別しないあなたにとっては「差別の定義はこっちで決める」と受け取られるのかもしれませんが、それは前提の相違からなる誤解です。

広告を非表示にする