無題

はてなブログ読者との距離感について - ポジ熊の人生記
 「応援されるのが嬉しい」という感覚が正直私には分からない。ブログというものは多くの場合趣味でやるものだし、書いているのは大手メディアでも何でもなくただの浅はかな一個人でしかないわけで、そんなせせこましい物書きに対して「応援しています!」とか言われても「はあ」としか言えない。ブログにおいて重要なのはブロガーの人格ではなく書いてる内容だし、ただの応援ブコメを書くくらいならその内容を精査して自分なりのコメントを書き、それを私が受けて更に言及するというコミュニケーションをした方が遥かに楽しい。自分の書いた文章を絶賛されるほど気色の悪い事はないし、自分自身が自分の文章を信頼するという事はない。常に穴はあるしそれを批判される事も含めてのブログという媒体だ。あとブログのお礼参り文化なんてブログが普及した当初から既にあったし今更はてな特有の文化とか言われても困る。もっと遡れば個人サイトのカウンターでキリ番踏んだ人はコメント下さいとかそういうわけのわからん文化もあったし。今では笑い話だが。まあ何れにせよ、コミュニケーションしたいなら上辺だけの八方美人なお世辞じゃなくちゃんと文章を読んだ上でコメントすべき(仮にそれが批判であったとしても)だと思うし、それをする気がないなら鼻から反応しない方がお互い楽でいいのではと常々思っているのだが、世の中にはそういう付き合いが楽しいという人もいるので、感性の違いというものは如何ともしがたい。

広告を非表示にする