読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dog ears

更新時間 09:30、10:30、11:30、13:30、14:30、15:30、18:30、19:30

無題

togetter.com
b.hatena.ne.jp

「なんでアフリカの子どもは助けようとするのに学校に来ない同級生は助けないの?」中学生が書いた作文が話題に - Togetterまとめ

アフリカの子供を助けようとする奴らは褒められたい自己満足したいだけだから 面倒な責任負って助けられるかどうかも分からない他人の子供に手を貸してやろうなんて思う訳ない

2017/02/13 14:23
b.hatena.ne.jp

 身近な人間を助けない人間は遠くの人間を助けてはいけないという話になっていて解せない。と言うか、「自己満足の善」を何故否定するのかも理解出来ない。人を助けて自分も良い気分になれば両方win-winで素晴らしい事じゃないかと思うんだが、人はどうもそれを「偽善」と呼び、何も行動しない人間の方が賢いと認識するらしい。と言う事はつまり、人を助ける事は苦行であり、それをありのまま受け入れる人間しか社会では認められないという話になるんだが、それで社会って回るんだろうか。もちろんそういう心の底から清い精神を持っている人はいるし、救済の現地にいる人なんかはそういうタイプなんだろうけど、そういう人達がいれば全て解決するのか?というとそうじゃないだろう。何事にも金は要る。それはアフリカの子供を助ける事は勿論、不登校の同級生を助ける取り組みにもコストはかかる。単に、前者はチャリティとして既にシステムが出来上がっており、後者は税金と教職者の働きに依存しているというだけの話で。何ら関係のないこれらの活動を結び付けてそこに自己満足が含まれる方を悪とするのは完全な「僻み」なんじゃなかろうか。

広告を非表示にする