読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dog ears

更新時間 09:30、10:30、11:30、13:30、14:30、15:30、18:30、19:30

無題

親たちは、難関校合格がわが子にもたらすかもしれない不幸も、イメージしておいてください。 - Togetterまとめ

 なんか「中学受験する人間が全て難関校を目指してる」という前提で話されていて違和感が強い。実際に中学受験した自分の実感としては、「本当に難関校を目指している人」というのは全体の3分の1もいればよい方で、残りの半分以上は「それなりの名前さえあればいい雰囲気だけの学校」を目指しており、塾なんかでもその両者は最初からクラスを分けて勉強していたりする。あと、「落ちこぼれ」という解釈もなんか違うと思う。どこの学校にもいる「本当の落ちこぼれ」というのは「全く勉強をしない人間」なんだよ。授業だけは聞いてるけど、自主的な勉強は全然しないタイプ。こういう人は中高一貫校に入ると高卒でリタイアになる場合が多い。一方、「普通の落ちこぼれ」というのは、「成績的には大した事はないけど一応勉強はしているタイプ」で、こういう人がそれほど不幸とは思わない。もちろん成績の順位を見る度に嫌な気分にはなるだろうけど、勉強している分、自分の至らない部分も暗に自覚しているので、それほど劣等感に苛まれる事はないし、それが本当に嫌なのであれば大学受験という転機もある。成績が悪いというだけで前者と後者を同列に話しても意味は無いし、不幸なのは前者の方なので、その問題は難関校とかは関係しない話だと思っている。

広告を非表示にする