読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dog ears

更新時間 09:30、10:30、11:30、13:30、14:30、15:30、18:30、19:30

無題

はてなブックマーク - 安倍首相がマリオに!音楽は中田ヤスタカ!キティもドラえもんも登場したリオ閉会式 - Togetterまとめ


 オリンピックの閉会式に関するブコメを眺めながら、やはり私は世間とズレている変人なのだろうなあと改めて思う。マリオもサッカー翼もドラえもんも好きだったよ。子供の頃本当によく世話になった。ゲームにはハマったし、アニメは毎週欠かさず見て、映画にも行った。今でもその気持ちは変わらない。だがそれがオリンピックの閉会式に出てきて、「どうだ、これが日本だ」と言われると、何の感情も沸いてこない。本当に何も感じない。凄いとも思わないし、逆に嫌だとも思わない。ただただ唐突で、「は?」としか思えない。そこでもう置き去りにされてしまって、それを凄い凄いと持ち上げて盛り上がっているネットの界隈を見ても違和感しか覚えない。私にとって、あの辺のカルチャーというのはそれくらい「昔のもの」なのだと言わざるを得ない。それはここ数年で何度も経験した事だ。マリオが懐かしくなって、ファミコンを掘り出してプレイする。ゲオでDVDを借りてきて、ドラえもんを見る。確かに懐かしいという気持ちはあった。だがそれだけだ。どれも今になって見てみると内容が薄っぺらく、とても真剣に取り組めるものじゃなかった。だから「ああ自分は成長したのだなあ」と思ったし、もうこれらの思い出に助けられる事もないのだろうと諦めていた。それがどうだ。今更オリンピックに堂々と出てきて、「これが日本だ」と世間は言っている。何が日本だ。俺にとってそれらは10年以上も前に終わっている。そう納得した筈なのに、今になってまたそれに向き合えと言うのか。などと感じてしまう。要は年を取ったという話なのだが、あのノリで東京五輪を迎えるとしたら、自分には悪夢が待っている気がしてならない。どうせサブカルと交わるなら、何かもっと、新しい作品に取り組んでほしいと思う。過去の作品を利用するだけでクールジャパンという顔をするのだけは本当にやめてほしい。

広告を非表示にする