Dog ears

更新時刻 不定期

無題

 人間、逃げたい時は逃げていいのだ、みたいな話をネット上でよく耳にするけどさ。みんな、現実から逃げてそんなに得をしてきたのかね。俺は得をしたよ。嫌な物事から逃げて、目前の問題を投げ出して、弱者のふりをして、同情を誘ってさ、欲しいものを手に入れたよ。で、思うわけだ。凄く惨めだと。与えられたご褒美に尻尾振って喜んでる内は大人じゃないんだろうね。別に、苦労は買ってでもしろとか、もっと努力しろとか、そういう話でもないんだけどさ。何と言うか、自分の「弱さ」に免じだすとさ、際限が無いんだよ。どこまでも自分は被害者になれるし、上手く立ち回れば周囲もそれを許してくれるけどさ、誰でもない自分自身が、それに嫌気がさすんだよね。その上で聞きたいんだよ。「それでもまだ逃げたいのか」と。逃げた先にあるものを知っちゃったらさ、多分、逃げたくなくなるよ。逃げるにしてもさ、もっと上手に逃げないとさ。どこぞの教育者みたいに「甘えだ」なんて事は言わないけど、でも確かにそれは「甘え」なんだよね。逃げる事に成功した人は、何よりもまずそれを自覚する事が大切だと思うよ。