無題

 ニートを売りにブログで頑張って念願叶いテレビ出演を果たした人id:dandy611)を眺めながら、この人が何を願っているのか本気で分からなくて戦慄を覚えている。「好きな事をして生きていきたい」とこの人は言うが、そんなこと誰でもやっている。自分も車にバイクに自転車に筋トレに書道に陶芸と幅広くやりたい事をやっている。普通の人間というのは多かれ少なかれそうして「やりたいことをやって」生きている。にも関わらず、この人は「ニートである自分」を積極的に肯定し、大して中身のない記事を量産するブログに未来を見出している。それを眺めながら、自分は絶望を覚えている。正直、この人がどんなに頑張って、これから幾百幾千の記事を書いたところで、この人の肩書はきっと「ブロガー」なのだ。普通の人間なら他に幾つかの肩書が持てるところを、この人は自らその可能性を潰し「ブロガー」に甘んじている。あるいは、それはわりと修行僧の様な厳しい格調高い生き方なのだろうか?しかし、この人の書く記事を見る度にその中身の無さを思い知り、「お前向いてないよ」という思いばかりが募る。自分はブコメでこの人に対して何度も批判的な事を書いているが、自分がこの人を好いているのか嫌っているのか今でもいまいち判然としない。と言うか、それ以前の、もっと幼稚な段階でこの人は躓いている様にしか見えない。この人がこれから成長していく可能性というのはあるのだろうか。大変失礼な事は承知なのだが、これからも注意深く観察していきたい。

 追記。自分で読み返しても流石に失礼だな。しかし、「ブログで有名になって何がしたいのか」が全く見えないのは事実なので、この人の記事を見る度に不安な気分になるのだという事は理解してほしい。

広告を非表示にする