Dog ears

更新時間 09:30、10:30、11:30、13:30、14:30、15:30、18:30、19:30

無題

 「放浪息子」というアニメを眺めながら、女装って何なんだろうと漠然と考える。若い頃はぽっちゃり体系だったからそういう事には興味無かったけど、自転車を始めてそこそこ細くなってからは、時々、女性物の服を着てみたいと言うか、ああいうの可愛いし恰好良いみたいな妙な衝動を感じる事が多くなった。レーパンとかレッグガードとかがそれっぽいせいかもしれない。髭とかすね毛とかをちゃんと処理すればいけるんじゃね?とか妄想する事もあるけど、骨格が男だから難しいだろうなとも思う。それに何と言うか、頭の中の女装と、現実の女装の間には大きな隔たりがある気がする。そもそも自分は女性の事をあまり知らないし、だから自分の考える女装像はかなり稚拙なのかもしれない。でも、だから憧れるのかな。もっとも自分の場合は女装というより女性物の服に対する執着の様な気もするけど。体のラインとかにしても、男性よりも女性のそれの方が綺麗で恰好良いと思ってしまう。まあそれはそれとして、このアニメは中学生の日常という微妙な年頃の空気感が上手く醸し出せてると思う。小学生ほど無邪気でなく、高校生や大学生ほど開き直っていない頃の思い出というのは妙にふわふわしていて取り留めがないけど、それでも時間は流れていたのだと思うと何か面白い。

広告を非表示にする